ラリースミスは、ネイティブアメリカンの文化、精神、モノ作りの姿勢をリスペクトするシルバースミスの林田吉史が、2009年にスタートさせたブランドです。 1880年代から1940年代にネイティブアメリカンが手間と時間をかけて作ったジュエリーにインスパイアされた林田は、ネイティブアメリカンの伝統的な技法や工程をベースにしつつ、そこに日本人の技術と感性を投入。自然界から得たモチーフを用い、あるいはターコイズをはじめとする天然石を使用し、つけ心地にまでこだわった独自のジュエリーを作り出します。その洗練されたデザインや繊細なスタンプワークは、ラリースミスの持ち味の一つとなっています。